読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔女の本棚

出版で人生のアクセルを踏む!書籍企画のノウハウや雑記など。

大切なお知らせ。

f:id:bookwitch:20161124094818j:plain

おはようございます。

今朝の東京・世田谷は見るみるうちに白銀の世界。

こんな日はPC作業もはかどるってものですね!

 

というわけで、今朝の一枚は少林寺拳法創始・宗道臣先生の

有名な言葉を。

 

「半ばは自己の幸せを、半ばは他人の幸せを」

 

この言葉の素晴らしいところは、

まず「自分」が先に幸せになりなさい、と言っている。

自己犠牲を良しとする、キリスト教の考え方ではありえない考えですが、

まずは自分が力を蓄え、それができてこそ、他者や社会の役に立てる。

ということを教えてくれている、私の大好きな言葉です。

 

そういえば、ワンピースのルフィがエースを失ったときの、

心の変化と似ていますね。

 

ちょっと話が脱線しそうになりました。

 

ともあれ、どんな世界でもこの精神は共通しますが、

出版業界でも今、この精神はとても大切だと痛感しています。

 

著者になりたい、自分の本を出したい!

という人の中には、自己顕示欲の強い人もたしかにおります(笑)

けれど、はっきり言ってそういう方は、今のご時世では

先細りが目に見えているようです。

 

この辺りは長くなりそうなので、

次回の出版お茶会で聞きたい方にはお話しますが(笑)

 

何が言いたいかというと、

本の内容といい、

PR手段といい、

まずは自分の力を存分に蓄え・発揮し、

同時に他者を応援する器の広さがとても重要!

ということなのです。

 

それを具現化するために、

出版お茶会を定期開催することにしました。

 

単なる出版業界よもやま話会ではなく、

自分の企画をしっかり作りこみ、その場にいる人たちとの

ご縁に感謝し、お互いの成功のために

できることを一緒に考える。

 

逆に、「ただ有名になりたい」「印税生活がしたい」

という方は、他社様のセミナーをおススメします(笑)

 

月一回の「つながる出版カフェ」では、

高額な出版セミナーや文章教室とはまた違う、

積極的な出版PRも含めたシェア会という面も育てていけたら

と思っております。

 

そして最後にもうひとつ大切なお知らせがあります。

 

実は来年以降、テレビラジオへ出演させていただくことが決定しました。

 

詳細は近くなりましたらお知らせいたしますが、

まずは来年1月。

その後、折を見てまた出演いたします。

 

本名では著者の端くれとしてテレビやラジオの出演もあり、

出版コーディネーターとしては、

これまで積極的にメディアに出ることはありませんでしたが、

自他の幸せを唱える自分がこれじゃあかん!!

と思い直し、心機一転することにいたしました。

 

番組ではご縁のある著者様や、編集者の方との出演も考えております

 

というわけで、

ご興味おありの方、ぜひお茶会でご縁を結ばせてください^^

まずは12月、おまちしております!

 

♪12月の出版カフェ♪繋がる勉強会

 

 ついでにこの顔も覚えておいてください(笑)

f:id:bookwitch:20161124104303j:plain

 

※ちなみに宗先生の名言は、

10年近く前に出版のお手伝いをさせていただいた、

こちらの本から抜粋。

「格闘家 最強の言葉」ゴマブックス(松宮康生著)