読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔女の本棚

出版で人生のアクセルを踏む!書籍企画のノウハウや雑記など。

商業出版、地方在住だと厳しいの?

f:id:bookwitch:20160912122940j:plain

9月に突入しましたね!

というわけで、私も夏休みボケをしている間もなく、

バタバタと打ち合わせや取材に追われております。

 

この週末は関西からわざわざお越し下さった著者さまと

企画会議前に版元編集さんを交えて打ち合わせ。

 

……の予定でしたが、

編集さんが急病のため、その場で電話での打ち合わせとなりました(汗;)

 

わざわざそのために上京してくださった著者さんは

少々ご立腹。

そりゃごもっともですよね。。。

 

ちなみに。

打ち合わせは採用前or採用後?

というご質問があったのですが、

私の知る限り、版元編集さんとの最初の打ち合わせは、ほぼ採用前です。

 

今回は私の方であらかじめ内容を詰めていたので、

本来は採用後の打ち合わせで済むはずでした。

 

が、

初めて出版される著者さんと言うこともあり、

直接話を聞いてみたい、というご要望があったので

わざわざ大阪からお越しいただいたわけです。

なのに急病……汗;

 

しかしその後、直接お電話でお話していただき、

何とか気まずい雰囲気は回避することができましたので(ほっ)

今週中の企画会議に向け、進行中です。

 

ちなみに。

近年、電子書籍のように自宅から出版できるようになりましたが

商業出版の場合は、その特性上、綿密なやり取りや打ち合わせが必須です。

そうなると地方在住の著者さんは、

採用されるかどうかわからない本の企画のために

上京していただかなくてはならない場面も出てくるわけです。

 

それは時間的にも金銭的にも労力を伴うわけで、

だからこそ、その仲介役として私のような仕事も成り立つわけです。

 

しかし、インターネット全盛のご時世。

地方在住の方が、それらの労力を払わずに済むよう、

何とかならないものかなあと、

こういうことがあるたびに思います。

 

ちなみに私はふだん、

遠方の著者さんとはメールやスカイプで何度も打ち合わせしておりますが、

今回の著者さまも、直接お会いするのは初めてでした。

 

でも、既にもう何度もお会いしたような感じで、

お話も弾みました……(笑)

 

ともあれ。

これまで大阪・関西はもとより、

東北や中部在住の著者さんの出版も

お手伝いさせていただいた経験は多々ありますが、

著者さんにご負担をおかけしないですむ方法はないものかと

あれこれ模索している今日この頃です。