読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔女の本棚

出版で人生のアクセルを踏む!書籍企画のノウハウや雑記など。

ブログの書籍化は可能?

暑いですね。。。

そんな中、最近、出版コンサル希望の方が相次いでおります。

お待たせしている状況で申し訳ございませんが、

順次回答しておりますので、今しばらくお待ちください。

 

と言うわけですが、そんな折

・ブログの書籍化は可能?

というお問い合わせが多いので、

こちらでもお答えしておきますが・・・

 

基本的には可能です。

しかし、ブログ記事がそのまま使えるかと言えばNOです。

 

理由は

・読者はただで読めるブログ記事を、

あえてお金を出して読まない

・だから、ブログ記事を書籍向け文章にする

もうひと手間が必要

 

ただし、当初から書籍化を狙ってブログを書いている方もいます。

たとえば、出版のお手伝いさせていただいた岩本さん。

 

f:id:bookwitch:20160804114704j:plain

彼は去年3月ごろから書籍化を目標にブログをこつこつを書き始め、

その後、ご縁があり出版が決まった方のお一人です。

 

ブログは開始したばかりでしたが

コンテンツは十分にあり、それをベースに

版元さんと再度打ち合わせしたうえで

書籍化に向けた新たなコンテンツをプラスしました。

 

もうお一方はこちらの本。

 

f:id:bookwitch:20160804115203j:plain

☆姑は外国人(小倉マコ原作・なとみみわ漫画・角川書店

 

こちらも元々、原作の小倉マコさんのブログ。

企画書を拝見して、これは漫画にした方がより躍動感のある

内容になるかも……ということで、

なとみさんにご相談し、コミックエッセイとして刊行となりました。

 

ご紹介したのはほんの一例ですが、

ともあれ、ブログから書籍化という流れは、一億総ライター的な昨今において

すっかり普通の光景ですね。

 

しかし、花にたとえたらブログは「種」。

書籍化するにはもうひと手間が必要ということです。

 

それがなんであるのか?
ということを、出版コンサルでお伝えしています。

 

良質な種が花開くまで、必要な肥料や環境を知っていただき

大事に育てていただけたらいいな~と思っています。

 

出版コンサルティング - 出版コンサルティング・オフィスアビーム