読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔女の本棚

出版で人生のアクセルを踏む!書籍企画のノウハウや雑記など。

【出版あるある】どんなテーマも書けると豪語する人。

今日から2月に入りましたね。

2月は運気の変わり目、旧暦で言うと新たな年がはじまる節目でもあり

一層気を引き締めたい時期でもありますが、

そんな折も折、いよいよ今週末6日(土)には出版セミナーを開催いたします。

早割は月末で終了いたしましたが、

実は現在、著者さんや版元編集者さんをお招きして直接お話を伺うお茶会などを

開催準備中。

セミナー参加者を優先に特別価格でご招待したいと思っております。

 

6日はまだ若干お席が空いておりますので、引き続きお待ちしております!

今年こそ出版したい!

と言う方はお待ちしております。

詳細はfacebook

出版の可能性がいちばん高い短期集中出版実現セミナー@1日集中編 | Facebook

 

===

さて、宣伝が先になってしまいましたが

本日のタイトル

どんなテーマも書けると豪語する人」について。

 

仕事柄、よく人にお会いしたり、ご紹介される機会が多い自分。

 

以前、ビジネス書で20万部ものベストセラーを出した、とある経営コンサルタントの方の本をお手伝いさせていただいたことがあります。

(名前を挙げたら知ってる方は多いと思いますが、敢えて伏せておきます)

 

その方は

今年は100冊出すのが目標

と仰っていました。

 

※実際、その目標は達せられなかったようですが・・・でも、目標が高いのは素晴らしいですね。

 

それだけのコンテンツがあるということは

ある意味スゴイと思いました。

 

しかし別の場面で、とあるコーチングの方は

テーマを考えてくれたらなんでも書けるから!」と仰いました。

 

自分の名前の本を出したいという方は

経営コンサルタントコーチング・心理学等を学んでいる方も多く、

それらの方はとても勉強熱心で、様々なことに関心がありますね。

人を引き付ける話術や知識が豊富で、さすがだな~と思うことしきりです。

 

ただ、厳しいことを申しますが、

どうしてもそれらは「知り得た知識」の浅堀りに終わることが多く、

実際にテーマを出して書いていただいても、かなり加筆や修正といった作業が多くなるのです。

 

なぜか。

 

答えは簡単。そこにご自身の体験や経歴が見えないからです。

逆に言えば、体験や経歴が十分であれば、知識は予備的なものでもいいということもあるのです。

 

経営にしても、コーチングにしても

様々なメソッドがあり、学びのベースとして素晴らしいものばかり。

高額のセミナーにも関わらず、参加を惜しまない方が後を絶ちません。

 

けれど、学んだ知識をどういう形で変換したらいいのか。

それが最も大事なのですよね。

 

自分の軸・ライフワークはどこにあるのか。

そこに自分ならではのエッセンスはあるのか?

 

さらに言えば、それがどれだけ多くの人の心をつかむものなのか。

 

ちょっと雑な言い方になりますが、本の出版はゴールではありません。

 

あくまでも自分軸を定め、未来に向けてどう自分を表現したいのか?

それが何となくピンときた方は、本を出版する意義があるように思います。