魔女の本棚

出版で人生のアクセルを踏む!書籍企画のノウハウや雑記など。

出版プレゼンセミナー・全て終了しました。

f:id:bookwitch:20170205214811j:plain

ご訪問ありがとうございます。

 

年間で一番採用率が上がる1,2月に向けての

出版プレゼンセミナー。

平日編&週末編、おかげさまですべての日程が終了いたしました。

 

週末編はセミナーというよりも

がっつり2時間コンサル形式で企画書のブラッシュアップをいたしました。

 

今回の2日間、少人数でかなりディープな内容になりましたが

参加者の方々は初めての方から、1冊目を既に出し、2冊目の企画に挑む方。

他出版セミナー塾で学ばれている方など背景は様々でしたが、

いずれの方も出版意欲が高く、私も勉強になりました。

 

今後につきましては引き続き個々の背景に応じ、

必要なお手伝いさせていただき、

一人でも多くの著者さんを誕生させていく活動をしてまいります。

 

また、今後は私自身の企画出版も視野に入れ、

同時進行していく予定なので、セミナー開催は不定期となりますが、
企画の立て方やブランディングについての勉強会は
時期に応じて開催していきたいと思っております。

その際はFBページやこちらのブログで発信していきますので
チェックしてくださいね。

f:id:bookwitch:20170205220325j:plain

 

今日はそこにいた人が、明日いるとは限らない出版業界の不思議。

f:id:bookwitch:20170202212447j:plain

ご訪問ありがとうございます。

さて、昨夜は世界一遅い新年会と称し、
出版仲間の人たちと昼飲みの聖地・上野で夜飲みしてきました(笑)

 

バブル時代の出版業界真っ只中にいた先輩たちの
ココでしか聞けない話をいっぱい聞き、

阿鼻叫喚の嵐・・・

いやしかし、ほんとにとても楽しかったです。

f:id:bookwitch:20170202212439j:plain

またじっくり聞かせていただこう。

 

気になる!という方はぜひセミナーへ(笑)

週末編は明後日開催ですよ。

2017年・出版プレゼンセミナー週末編


というのはさておき、今日のお題について。

ちょっと長いテーマになりましたがご了承を。

 

以前、一年で1番オファー率が上がるのは

新年あけから2月にかけてと書きましたが、

同時に、3月の年度末にかけては

どこの版元編集さんも異動等で更に忙しくなるようです。

 

3月になるとその傾向は顕著で、

昨日メールが届いていた編集さんのアドレスが

今日は届かなくなってたなんていうのはザラにあります。

結構入れ替わりが激しい出版業界。

 

あれ、いなくなったのかなと思ったら、

翌月には「●●社に転職しました」とご連絡いただくことも

ままあります。

 

しかし、こんな感じでご連絡くださる方はありがたいですが、

中にはぶちっと音信が途絶えてしまう編集者さんもいます。

 

ちなみに自分が著書を出した際も

もうすぐ刊行という段になって

担当編集さんが変わったことがありました。

 

まあ、異動というなら致し方ないですし、

どこかホッとするのですが、

それが病気などという話を聞くと

お気の毒に……と思うことも。

 

ちなみに、精神的なご病気(つまり鬱)でいなくなってしまった方も

これまで大勢いらっしゃいました。

 

ノルマもあるし、
精神的にハードで繊細なお仕事なんですよね。

 

以前、打ち合わせをしている際に

「私、先日まで鬱で休職してたんですけど」

と、さらっとぶっちゃけられることもありました。

 

しかし中には

「私、この仕事を続けて行っていいかどうか悩んでて…」

などと、打ち合わせなのに人生相談みたいになってしまう編集さんも。

 

今日はいたはずの人が、明日もいるとは限らない。

 

出版業界を漂う自分の教訓。

だからこそ、今のご縁を大事にしたいと思わずにはいられないのです。

 

 

 

 

【出版プレゼンセミナー平日編】開催しました。

f:id:bookwitch:20170131210550j:plain

本日、出版プレゼンセミナー平日編を開催いたしました!

 

お集まりいただいた方には、いずれもご自身の得意分野をテーマにした

企画書をプレゼンしていただきました。

 

事前にアドバイス付きの企画書テンプレートに沿って

企画を作成していただいていたので、

プレゼンやアドバイスの時間もたっぷり取れたのではと思います。

 

お一人おひとりの企画について

ゲスト編集者のY氏、そしてブランディング・著者としても

ご活躍のアキバの執事こと方喰氏が

ピンポイントでアドバイス。

 

今回ご参加の皆さんは偶然にも文章のプロだったので、

ちょっとしたことで企画のクオリティがぐんと上がったと思います。

 

そして終盤には私含め、その場にいた全員で

新しい企画ができ、大盛り上がり!

 

お茶やお菓子をつまみながら、リアルなディスカッションを通して

全く別物の企画ができました(笑)

 

さらに終了後は全員で肉ランチ。

出版業界の裏事情などに花が咲きました。

f:id:bookwitch:20170131210617j:plain

Y氏のための肉バルランチ。

 

というわけですが、

私自身も今回のセミナーをとおして、

私ならではの強みが更に明確になった気がします。

 

セミナーというよりは勉強会の要素が強く、

私も講師というよりは、参加者の力を読み取り、進行に徹した

今回の開催ですが、

アンケートでは充実した内容だったと書いていただけたので、

これからもこうした試みを不定期に開催していけたらと

改めて思いました。

 

f:id:bookwitch:20170131210603j:plain

 

今後はFacebookでセミナー参加者限定・秘密の補習ルームで

引き続きサポートしていく予定。

 

春に向け、

新たなベストセラーが生まれる予感がしています。

 

ご参加の皆様方、

編集者Y氏、

アキバの執事さん、

ありがとうございました!

 

☆2月4日(土)開催予定の出版プレゼンセミナーは

まだお席がございます。

気になる方はぜひこちらから↓

2017年・出版プレゼンセミナー週末編

 

☆「自分のテーマはあるけれど、企画書の書き方がわからない」

「相談しながらより良い形をつくりたい」

という方向けには、

対面コンサル(スカイプ可)は随時受け付けております。

出版コンサルティング - 出版コンサルティング・オフィスアビーム

 

お気軽にお問い合わせお待ちしております!

 

 

 

 

出版セミナー締め切り間近・スペシャルゲスト登場決定!

f:id:bookwitch:20161017100648j:plain

おはようございます。代田橋です。

年が明けてからラジオ出演やらなにやらでバタバタしていて

あっという間に来週は2月ですが

皆さんも、もうすっかり正月気分も抜けたころでしょうか。

 

そんな中、実は著者としての代田橋企画が進んでおりまして。。。

 

私も今年は1冊くらい世に出したいなと思っております(笑)

というわけで、今回のセミナーは今年最初で最後になるかもしれませんので

お待ちしております!


ちなみにこくちーずからのお申し込みは締め切りとさせていただきました。

今後は下記FBのイベントページからのお申込み限定となります。

 

2017年・出版プレゼンセミナー平日編

2017年・出版プレゼンセミナー週末編


尚、31日は某出版社の代表編集者であり、
ベストセラーを数多く手がけたY氏がスペシャルゲストとして参加決定!
面白い企画は、その場でオファーの可能性あり☆

この機会に、ぜひみなさんの企画をプレゼンしてみてくださいね。
お待ちしております。

ネットラジオ出演、無事に終了しました。

ご訪問ありがとうございます。

出版コーディネーターの代田橋です。

 

昨夜になりますが、告知のとおり

ネットラジオ出演無事に終わりました。

f:id:bookwitch:20170118210340j:plain

やる気満々の方々に交じって

さしたるお話もできませんでしたが

おかげさまで、とても良い刺激になりました。

 

と同時に

新しい目標も芽生えました。

 

これまで多くの著者さん・作家さんとご縁をいただいてきました。

 

印象に残っている方はいらっしゃいますか?

とMCのエミリーさんに尋ねられたのですが

本当はもっともっとご紹介したい作家さんがいるのです。

 

そんな皆さんをもっとご紹介したい。応援したい。

 

という背景からですが、

 

新しい目標としては

そういうステキな方々と本をご紹介できる機会がほしい。

具体的には、ラジオやネットなどでご紹介できる役割をいただきたい。

 

と、そんなことを考えながら帰路につきました。

 

まずはネットでインタビュー配信からスタートしてみようと思います。

 

お楽しみに^^

 

※昨日ご覧いただけなかった方、後日youtubeでご覧いただけます。

準備が整い次第お知らせいたします。

 

===

出版プレゼンセミナー・割引価格締め切りまであと2日!

~お申込み&詳細はこちらから~

 

www.kokuchpro.com

 

知らないと損する、お金の話。

おはようございます。

出版コーディネーターの代田橋です。

 

ところで明日夜8時より

渋谷のど真ん中でテレビラジオ出演いたします。

 

お時間がある方はぜひネットからご覧くださいね。

f:id:bookwitch:20170116101751j:plain

サイトはこちらから↓

観る聴く方法です。
「ただクリックポンポンです」
火曜日20時になりましたら下記のリンクをスマホまたは
PCでクリックです↓↓↓↓[ラジオで聴きたい方は周波数は88.5」
http://shibuyacrossfm.jp/
番組は日本全国はもとより、世界中で視聴できます!

是非ごらんくださいませ。

 

キレイなおねいさんとお兄さんのはざまで奮闘する私が

リアルでご覧いただけます(笑)

===

さて、本日のお題「知らないと損する、お金の話」について。

 

近年、出版セミナー&出版エージェント数も

以前に比べ多くなってきました。

 

この背景については様々な要因がありますが、

今回は省略します。

 

ちなみに私も近頃、月一でお茶会をしたり、

今回も特別セミナーと称して平日・土曜日の2回を予定しておりますが、

中には

 

「なんでこんなに安いんですか?」

 

というお問い合わせもあります。

 

たしかに、他の出版エージェントさんや、

出版社が開催しているセミナーを見ると、

3回で10万円越えというセミナーから

長時間セミナーで100万円

 

中には300万コンサルというのもあります。

 

で、値段に疑問を持たれる方(とくに士業の方はその傾向が強いようですが)は、
たいていそれらの高額コンサルに対し

 

・高ければ高いほど価値があり、出版される確率も高いだろう

・講師がたくさん出版を手掛けているから、ここなら確実に出版できるだろう

・出版社が開催しているのだから、出版できる可能性は高そう

 

という期待と金額が見合っているのではないかと思います。

 

たしかに、有名どころの出版エージェントセミナーの中には

その期待とおりの結果がでるセミナーもあります。

 

が、この業界に関わらず

すべての仕事は100%思うとおりになるかというと

少し疑問を感じます。

 

なぜなら、

・出版エージェントは、とりあえず確実にセミナーで収入を得る

(そのうえで出版することが決まった場合、さらに印税から何%かいただくのが殆ど)

・出版社主宰の場合、企画を採用した場合は、印税を支払った後の分は利益になる

採用しなくても、セミナー代が利益になる

 

という背景も少なからずあるからです。

 

ちなみに私はセミナーに利益を追求しません。

 

ボランティアじゃないですよ(笑)

いただくべきものはきちんといただきます。

 

ただし、双方が納得の上でいただきたい

ということです。

 

ちょっと変な考え方かもしれませんが

致し方なく差し出されるお金に潔さ・正のエネルギーはありませんからね。

それをいただいたところで、良いことはありませんし。

 

ともあれ、どちらのセミナーを選ぶにしても、

結果的に言えることは

・本はどこからでも出せればいい&出せれば終わり

 

ではありません。

 

1冊目がコケたら2冊目はありません。

 

2冊目で挽回するチャンスがあれば、確実にものにできるよう、

ありとあらゆる面からアプローチすべきです。

 

でなければ、著者さんのブランディングに大きな傷がつきます

 

累計20万部のベストセラー作家の方も、

先日同じことを仰っていました。

 

自分も著者として辛酸をなめてきているので、

著者側と出版側、双方のメリットデメリットを精査し、

セミナーで皆さんに正直にお話します。

 

ラジオではその一端が見えるかもしれませんね。

 

ともあれ、

著者さんになりたい方・続けて本を出したいと考えている方へ

これからも有益な情報をお伝えしていけたらいいなと思っております。

 

※立て続けに本を出版できる方は、やはり懐が大きいです。

一番は「読者目線」を常に考えているところでしょうか。

 


===

~近々のセミナー情報~

※詳細およびお申込みはこちらのTOPよりご覧ください↓

TOP - 出版コンサルティング・オフィスアビーム

 

※平日開催・週末開催ともに1月20日までのお申込みで割引

あと4日!

(8,000円→6000円)

 

 今回はお申込みいただいた方へ、

採用率を上げるために試行錯誤をして作った、

独自の企画書テンプレートを参加者の方へ事前に差し上げます

 

ご参加の方は事前に企画書を作成していただいた上で、

当日はプレゼンを主体として進行します。

 

また、今回は特別に出版業界で活躍する方々をゲストに迎え、

発表していただきます

 

そして、採用の可能性が高い企画・著者さんは

採用率が高いこの時期、版元編集者へ売り込むという

ノンストップ型セミナーになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出版不況をぶっ壊せ!

新年早々、物々しい感じでスタートしますが(笑)

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

昨年は3回のセミナーを開催しましたが

実は、そのうち2回は参加希望の方が地方在住ということもあり、

急遽スカイプセッションになりました。

 

そして、2名の方の出版が決まり

今年夏ごろに書店に並ぶ予定ですが、

そうこうしているうちに、

あっという間に年も明けてしまいました(汗)

 

出版業界、動くときは動くんですよね。

 

ちなみに今日のタイトルは

たまたまTVで見かけた、キンコンの西野氏がおっしゃっていた一言。

 

西野さんは絵本を出版されましたが

なんと初版1万部を2400万で買取り、ご自身で売り切ったそうですね。

人気芸人の方がそこまでしなければならなかった背景を考えると

色々と思うところがあります。

 

過去にも何冊か出版されていらっしゃる経験もあるし、
もしかしたら、西野さんも出版業界の壁にぶつかったのかもしれませんね。

 

絵本というジャンルはただでさえ狭き門ですし。

 

ともあれ、その甲斐あって23万部突破という快挙を成し遂げられたとのこと。

良かったですね!

 

絵のクオリティは素晴らしいですし

(お一人で書いていらっしゃるのではないようですが)、

これからの活躍がますます楽しみです。

 

===

というわけで、出版業界は新年早々、色々と動きが激しくなっておりますが

実は、企画の採用率も年度末の決算期を3月に控え、

この1月2月が一番のピーク。

 

10年間、出版業界を見てきた自分ですが、

データで見ても1月2月が他の月に比べて3分の1程度、

採用率が高くなります。

 

それに合わせ、年が明けてから版元編集さんからの

お問い合わせも増えてきました。

 

しかし・・・

去年末にご紹介したあと、今手元にはほとんどないのです(焦;)

 

というわけで、急遽セミナーを開催することにいたしました!

※詳細はこちらのTOPよりご覧ください↓

TOP - 出版コンサルティング・オフィスアビーム

 

しかも今回はお申込みいただいた方へ、

採用率を上げるために試行錯誤をして作った、

独自の企画書テンプレートを参加者の方へ事前に差し上げます

 

ご参加の方は事前に企画書を作成していただいた上で、

当日はプレゼンを主体として進行します。

 

また、今回は特別に出版業界で活躍する方々をゲストに迎え、

発表していただきます

 

そして、採用の可能性が高い企画・著者さんは

採用率が高いこの時期、版元編集者へ売り込むという

ノンストップ型セミナーになります。

 

ちなみに日程は週末と平日の2回を用意。

 

3月以降、この内容でセミナーを開催するかどうかは

現在のところ決定していません。

 

というわけで、

ぜひこの機会にチャンスをつかんでくださいね。

お待ちしております!